忍者ブログ
たいてい呟いているが、たまに叫んだり謝ったり
[501]  [495]  [500]  [499]  [497]  [503]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼と晩御飯いわゆるディナーに行った。

去年は適当にファミレスだったけど、今年は奮発してくれたらしいのです。
突然、『明後日(25日すなわち今日)の晩御飯、あのレストラン予約したから予定を空けておくように』と彼。
あのレストラン、というのは、夏に指輪(仮)をくれた時に連れてってもらった、フレンチレストラン『Deuxieme ドゥージエーム』の事。(08年7月12日の日記参照)

予定を空けるも何も、当社は現在大忙しで絶賛残業中ですってば…
でも、そういう事なので今日ばかりは定時退社で全力で帰宅して支度した。
いつかのクリスマスみたいに大雪じゃなくて良かった。

さて、レストランはガラ空きだった。 平日クリスマスだからって、いくらなんでも空き過ぎだろう。
大窓の向こうに広がる桜の名所は、今は葉を落とした寒々しい姿を晒すばかり。 イルミネーションが輝き賑々しい表通りからは2,3本道を入ったとこなので、無理からぬ事とは思うけれど。
桜の季節は大いに込み合う筈だし、官庁街に近いからランチタイムは大入りなのかもしれない…?

もしかしたらレストランウエディングにしようとかいう流れになるかもしれないのに、その頃まで果たしてこの店は存在しているのだろうか?(失礼な心配だが、彼もボソッと『ヤバいのでは?』とか呟いてた)

美味しいのになぁ…値段もお手頃だし、肩肘張らない気楽なフレンチとして、もっともっと繁盛すべき。 友人知人に薦めまくろう。

さて、今日のご馳走はドゥージエームの'08クリスマスディナー。


車で来た彼はお酒を飲めないので、私も合わせて飲み物はジンジャーエールとした。

前菜は、牡蠣のグラタンとアボカド、帆立ムースのタルタル、猪肉のパンチェッタ。
パンチェッタとは、後で調べたところ、豚肉の塩漬け・生ベーコンというものらしい。今回のは猪だが、まあ豚も猪も似たようなものだ。
牡蠣とアボカドのグラタンはとろりとしたコクがあって美味しかった。
帆立ムースのタルタルは食べたことがない味だった。最初はチーズの一種かとも思った。

それから、パンを香り高いバターと一緒に頂く。
たまにちぎって、オニオングラタンスープに浸けるとまた美味。

魚料理は、白身魚と香箱蟹のパートフィロ包みというもの。
魚はホロリと崩れる柔らかさ、油が乗って美味しい。蟹はよく分からなかったけど。
パートフィロ包みって何ぞや? と思ったけど、見た目は春巻きだったので、多分そういうものの事なのだろう。

肉料理は、飛騨牛ホホ肉の煮込み、フォアグラ添え。説明不要の旨さ。
柔らかく、かつジューシーな煮込み肉に、甘くコクのあるフォアグラ最高。

そして更に感激したのはデザート。



すっごい可愛い!!!!

食べるのが勿体無かったが、食欲には勝てず、雪だるまを胃袋へ送るには5分とかからなかった。

お腹いっぱい食べましたよ(*´q`)ウマー
ああ、冬休みまで、あと4日。
今日摂取した養分で乗り切る!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08月 2017/09 10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
BlogPet
mini AQUA
最新コメント
[09/22 BlogPetのサク]
[08/19 BlogPetのサク]
[06/20 BlogPetのサク]
[06/09 BlogPetのサク]
[05/22 BlogPetのサク]
プロフィール
HN:
御月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい事はここに。
興味があればどうぞ。

前略プロフ
二次元コード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]