忍者ブログ
たいてい呟いているが、たまに叫んだり謝ったり
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ニラのおひたしに付けるタレ用に卵黄だけ取って余った卵白を使って、メレンゲクッキーを作ってみた。
適当な量の砂糖と、あとサッパリ味にしたくてポッカレモンも少し入れてガッシャガシャ泡立てて、ツノが立つまで泡立てて、ホイップの絞り袋に入れて絞ったのがコレだ。



…ちょっと無計画に絞ったので並び方が汚いけども。


そんで焼きあがったのがコレ。



先日えつこさんに頂いたクッキーの箱が丁度空いたので、それに詰めてみた。
ちょっと売り物みたいで良い気分。
旦那も旨いって言ったので満足。
また卵白が余ったら作りたい(*´ω`)

PR
せきしき様から、珍しい食品やらビーズやらお守りやら色々とまた頂戴しました。
いつもありがとうございます!!
鼻息も荒く御紹介させて頂きます(*゚∀゚)=3



なんと筑前煮の缶詰!!!!!
ガンダム00においてキーとなる食べ物…!! あの味がご家庭で!!
とかアオリを考えてみる。 別にガンダム関連商品という訳ではないらしいです。
あとラピスとかサンゴのビーズ。 珍しい色形! これで何作ろうかなー

それと、これ。

[画像]

藻玉って呼ばれるラッキーアイテムだそうで。
正体はマメ科植物のタネ。 東南アジアの方から海流に乗って、たまに日本に漂着するんだそうです。
海から来る、つるっとしたタネを見て昔の人は『藻のタネかなーツルツル綺麗で玉みたい』→『藻玉』という命名があった…とか。
豆知識が増えました。マメだけに。

せきしき様、本当にありがとうございました!



午後からraraさん家に遊びに行った。
いつもいきなりスミマセンと私信。

手土産は紅茶専門店ローズウッドで買い求めたフレーバーティー、ワーズワース。 アプリコットの香りが甘く、砂糖が要らない。

飲みつつ、raraさんが最近ゲットしたというラルクアンシエルのベストアルバムの特典DVDを見る。
クイズ番組に出たというシチュエーションで内輪ネタを繰り広げ、ドラムの人がガリガリ過ぎて体脂肪率が計測不能とか、hydeが坂フェチだとか、どうでもいい事を覚えてしまった。
身長の事は何も言ってなかった。

長居し過ぎてアフタヌーンティーどころか夕飯時になってしまったので、何が食べに行こうと画策。
市内の原種系カレー(日本的でないという意味で)の店はだいたい食べ尽くしたし、私のオヌヌメカフェは辿り着いたところで店仕舞いしてるしで、空きっ腹を抱えて彷徨う。
この事態を打開したのはraraさん。 何度か行ったという和風カフェがもう少し西の方にあるよ!との事で、もうしばしドライブ。
『太郎茶屋 鎌倉』という店だった。T山だけど鎌倉。



私が注文したのは白えび天丼と抹茶そば!ボリュームあります。

しかもデザート付き!



ウマー(*´q`*)

少し駐車場が狭いけど、個室席などあって落ち着ける。
また来たいなー! raraさんまた行こうよ! と、またも私信。



一口飲んで、まさにプリンでびっくり。 普通の、三個パックのプリンあるでしょ、あれに、生クリームかけた感じの味がする。
ウマすぎてほぼ一気飲み。 紀文…やりおるわ…!!



実質、一番たくさん食べたのはやっぱり私かな。 そう言ってみたら、異論は出なかった。

妹と弟が帰省してきたと知り、なんか美味いもん食べに行こう! 焼肉! とかメールしてたら、母が割り込んできて『寿司にしようよ!』と鶴の一声。
そもそも私が弟妹に奢ってやる気だったのだが、母の介入により何だか私までゴチになるという幸運に遭った。
用事があったり出張だったりで、結局出かけたのは私と妹と弟と、母、祖母のみ。
新しく出来た回転寿司屋で、混む時間帯の隙間だったのか、あまり待たずに入り込めた。

そんで、焼きサーモンハラミとイクラ軍艦が大好きだ。
マグロ禁輸になるかどうかとか最近ニュースでやってるが、サーモンが好物の私にとっては、やたらお値段の高いマグロ中トロやら大トロなど、そんなに重大ではない。 トロが寿司の全てというわけではなかろう。
エビ、サーモン、タコ、サーモン、イカ、サーモン、時にエンガワ、そして玉子。 全部大好きだ。 まあ、これらも玉子以外は輸入してるんだろうけど。
もしサーモン禁輸するとか言われたら噴火する。 あと、とりあえず鉄火巻きとネギトロ巻きも、モリモリ食べておいた。
ちなみに、回転寿司でウニは二度と食うまいと思った。 たまたまハズレだったのかもしれないが…

今日一番驚いたのは、母がこの寿司屋を含む外食チェーンの株主優待のお食事券をたんまりゲットしていたという事。
これだけ食い散らかしておいて、その殆ど(端数の小銭以外)をお食事券で払っていく母…恐ろしい。 別に間違ってはいないけど、何だか、身の置き所がない気分になるのは何故なんだろう。
お食事券の処理に慣れていないらしいレジの店員さんが慌てていて気の毒だった。
ともあれ、やっぱり寿司おいしいです(^q^)

キャラメルコーン食べてたら、☆が入ってた。 てってってってってってれってってってっててってってれって♪



いや、星というよりは花か? まあいいや。 何だか元気が出た気がする!
常低温で熟成した…と言えば聞こえは良いかもしれない。

何かと言うと、北海道で土産に買って現地から宅急便で送り、届いたのをそのまま冷蔵庫に突っ込んで忘れていた、『ドラキュラの葡萄』原液を発掘したと言う話。

ドラキュラの葡萄。
昔、北海道でしか売ってない珍飲料だとかっていう記事を進○ゼミの付録コーナーで読んだのがその商品を知った最初。

北海道に行った際、その実物を飲む機会を得たというのは当時の記事に書いた通り。
そんで、それを自宅でも楽しむべく瓶入りの原液を購入したのだ。 忘れていたとは迂闊も迂闊。

飲み方は、そのまま水で希釈してもいいし、炭酸水でもいいし、牛乳でもいいし、焼酎とかでもいいし、原液シロップをヨーグルトとかかき氷に混ぜるんでもいいと添付のリーフレットには書いてあった。
その全てが『ドラキュラジュース』『ドラキュラ北海道』『ドラキュラ焼酎割り』『ドラキュラヨーグルト』『ドラキュラかき氷』等と銘打たれ、ともかくコレを混ぜればドラキュラを冠する事が許されるらしい。

ならばと、新しいドラキュラ飲料を作ってみた。



ラムベースのカクテル、名付けて『ドラキュラム』

グラス(タンブラー)1杯分の5分の2の量までラムを注ぎ、次にドラキュラの葡萄シロップを5分の3まで注ぐ。
氷を入れて、残りを炭酸水で埋める。 軽く混ぜて出来上がり。

ラムは甘いものとの愛称が良いと思うので、甘ったるいドラキュラシロップと混ぜると思った以上に美味かった。
ドラキュラの葡萄シロップ自体は、鉄分豊富な感じでプルーンに似た味もするので、あの少しばかり鉄っぽい味がラムの香りで和らいでいるのが飲みやすいと思う。

よーしドラキュラヨーグルとこのドラキュラムのローテーションでドラキュラの葡萄シロップ飲み尽くすぞー!

05月 2017/06 07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
BlogPet
mini AQUA
最新コメント
[09/22 BlogPetのサク]
[08/19 BlogPetのサク]
[06/20 BlogPetのサク]
[06/09 BlogPetのサク]
[05/22 BlogPetのサク]
プロフィール
HN:
御月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい事はここに。
興味があればどうぞ。

前略プロフ
二次元コード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]